fc2ブログ
プロフィール

mutukawa34413

Author:mutukawa34413
 「本物」の歴史の授業を創るための考え方やアイデアを紹介します。明日を担う賢い日本人を育てるための歴史教育ブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

歴史教育ノ道標100問題解決学習⑦

【歴史教育ノ道標100問題解決学習⑦】
5冊目は日本教材学会編『教材事典 教材研究の理論と実践』(東京堂出版 執筆者:小松伸之)を取り上げます。最終回とします。

 ここではとくに定義はされていません。
 その代わりに社会科について「国史や地理などの教科をただまとめたものではなく、その総合性に大きな特徴を持つ教科である」とあります。

「今日的文脈における活用」とタイトルが掲げられたパートには以下のような執筆者の見解が述べられています。
①社会科教育の歴史の中で、問題解決学習と系統学習は対立的なものとして考えられてきた。
②がしかし、前者が「生徒の興味・関心」後者が「学術的成果」を中核に据えているという相違点はあるが、学習対象に科学的にアプローチしようとする点は共通している。
③実際の学習場面では両者を使い分け、あるいは組み合わせて進められている。
④ゆえに、両者を単なる対立構造でとらえるのではく、それぞれの長所を活用して大きく結びつけながら授業を構成していく必要がある。

わかりやすいまとめです。
両者を対立するものとしてとらえていたのはどうやら1950~80年代までのようです。新しい令和の時代においては、両者を対立したものととらえるのはもはや時代遅れと言えるでしょう。
スポンサーサイト



2019.06.14(Fri) | 歴史教育ノ道標 | cm(0) |

この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可