fc2ブログ
プロフィール

mutukawa34413

Author:mutukawa34413
 「本物」の歴史の授業を創るための考え方やアイデアを紹介します。明日を担う賢い日本人を育てるための歴史教育ブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

杉田玄白

 『今日から江戸時代の新しい文化について学習していきます』
 こう切り出した後に杉田玄白の肖像画を見せる。子どもたちはよく知っていてすぐに「杉田玄白だ」と反応する。

杉田玄白


<ワークシート・1ページ目>
★下の2つの人体解剖図を比べて、気づいたことを箇条書きで書き出してみましょう。

 Aは中国漢方医学書の図、Bはオランダ医学書の図である。

中国の医学書
オランダの医学書
 

子どもからは以下のような気づきが出される。 
「Bの方がリアルで現代の図に近い気がする」
「Bの方が本物を見て描いた感じ。Aは想像で描いてる感じ」
「でも,Aの方が詳しいように感じる」
「Aは説明のようなものが漢字?で書かれている」
「Bは外国人みたい」
 意見が出尽くしたら説明をくわえる。
『みなさんの予想通り、Aは中国の医学書の図で、Bはオランダ、つまり西洋の医学書の図です』

<ワークシート・2ページ目>
★オランダの医学書を翻訳しよう!~『解体新書』の完成

◆杉田玄白は、小浜藩(いまの福井県)の医者の家に生まれました。玄白もお父さんの跡をついで江戸で医者をしていました。 
 ある日のこと、玄白のもとへ同じ医者仲間の中川淳庵が一冊の本を持ってきました。
 それはオランダ語で書かれた医学書『ターヘル・アナトミア』でした。 
 ページをめくるたびに玄白の目はこの本にくぎ付けになりました。オランダ語はまるで読めなかったのですが、そこに描かれている人体解剖図があまりにも精密なことに驚いたのです。
「この本の図はこれまで信じていた中国の漢方医学の図とかなり違っている。どちらが正しいのだろう?医者として人間の体の中をこの目で見て確かめてみたい」 
 じつはもう一人の医者仲間である前野良沢も同じ本を手に入れて同じことを考えていました。

ターヘル・アナトミア

 
◆玄白たちは偶然にも「骨ヶ原」(いまの東京都荒川区南千住小塚原)で死体の腑分け(ふわけ・解剖すること)を見るチャンスを得ることができました。
「それが肺で・・・これが心臓か・・・」
「中国の漢方の図はまちがいが多いが、オランダの図はじつに正確だ」
 玄白は、実際の人体内部と本にある図を比較してオランダの医学書の正確さに再び驚き「ぜひとも『ターヘル・アナトミア』を日本語に訳したい。そして日本の医学のために役立てたい」と思いました。
 同じ意見の3人は、さっそく翌日から翻訳を開始し、その後、数人の仲間が加わることになりました。
 じつは、玄白も他の数人もほとんどオランダ語を読めません。オランダ語の知識のある良沢も、翻訳を行うには不十分な語学力しかありません。辞書もないし、オランダ語の通訳は長崎にいるのでなかなか質問することもできません。このような難しい状況の中で翻訳作業は始まりました。

腑分け


◆ある日、「鼻」の説明のところに「フルヘッヘンド」というオランダ語が書かれていましたが、意味がわりません。ヒントはないか、とさがしてみると別の本に「木の枝を切った切口はしばらくするとフルヘッヘンドする」「庭のそうじをするとごみや土が集まってフルヘッヘンドする」と書かれていました。
「これはどういう意味だろう?」
 みんなで頭を寄せ合って考えていると、玄白が叫びました。
「わかった!枝の切口はしばらくすると高く盛り上がる、ごみや土も集まればそこが高くなる。だから、フルヘッヘンドは『うず高く』だ。鼻も顔の中で高くなっている」
ひとつの言葉でこれだけ時間がかかるのですから、1日かかっても1行も訳せないこともありました。

◆こうして苦労に苦労を重ねながらようやく翻訳が終わったのは1年半後でした。
この日本語訳は『解体新書』という書名で出版されました。

巻1 総論、形態・名称、からだの要素、   骨格・関節総論及び各論
巻2 頭、口、脳・神経、眼、耳、鼻、舌
巻3 胸・隔膜、肺、心臓、動脈、静脈、   門脈、腹、腸・胃、腸間膜・乳糜管、   膵臓
巻4 脾臓、肝臓・胆嚢、腎臓・膀胱、
   生殖器、妊娠、筋肉
別巻 図版集
 

解体新書表紙
解体新書1
解体新書2
解体新書3


<ワークシート・3ページ目>
★杉田玄白になって考えよう!

このようにオランダ語で書かれた書物などを通して西洋の学問を研究することを蘭学(らんがく)と言います。
 さて、翻訳も終わり、いよいよ出版です。
 しかし、前野良沢は「この本の作者のところには自分の名前は入れないでほしい」と申し出ました。良沢は「まだまだこの本の翻訳は不十分で正確とは言えない」と考えていたのです。
しかし、玄白は「不十分なところはあるが、病に苦しむ人とそれを助けようとしている医者のところへいっこくも早く届けたい」と考えていました。
 玄白は「いちばん苦労をかけた良沢の名前ははずせない」と考えて説得しましたが、良沢は首をたてにふりません。そこで、残念ではありますが作者のところには良沢の名前を書かないことにしました。

ところで、この作者名のところを見て下さい。4人の名前の上に「日本」と書かれています。ふつうは日本で出版される本にわざわざ「日本」と入れることはありません。

解体新書・日本

 
 玄白はどのような理由で仲間である4人の名前の上に「日本」と自分の国の名前を入れたのでしょうか?
杉田玄白になってその理由を考えてみて下さい。


 意見を書かせた後に、話し合いをする。
 子どもからは以下のような意見が出された。
 「外国の人たちにも読んでもらい、日本の医学者はすごいんだぞということを知ってほしかった」
 「日本人が書いたと外国、とくに中国に知らせるため。中国の解剖図は間違っていると教える」
 「輸出するときに日本人が書いて、日本で出版していると伝えるため。日本の存在をもっと知らせたかった」
 「未来の日本人にもわかるようにしたかった」
 「ここに書いてある4人以外の日本人の協力があったからこそ翻訳できたから」
 「前野良沢の名前の代わりに日本と入れた。そうすれば、杉田玄白たち以外にも翻訳に協力した日本人がいることを伝えることが出来る」
 「日本と入れなければ中国やオランダの真似をしたと言われるかもしれないので、日本と書いて日本人が作ったという証明にする」
 「日本で作られたということを歴史に残したいし、違う国の人が見たら日本はこんなにすごいんだぞと思ってもらえると考えた」
 「日本も医学に力を入れている、というのを他の人に伝えたい。たくさんの人に解体新書を広めたい。漢字で書かれていれば中国にもわかるから、中国にも広めて、日本もすごいぞ!と思わせる」
 「日本と入れることで日本の信用を深めてもらうため。今まで中国のものを使っていたので、日本のものが正確ということを伝えて使ってもらうため」
 「中国の漢方医学の本は間違っている部分が多いので、中国の人にも正しい医学を知ってもらいたいと思った」

<ワークシート・4ページ目>
★『解体新書』を広めたい!

玄白は、次のように考えていたのではないかと言う人がいます。
「漢方の医学を信じている多くの中国人はまだ人体内部の本当の姿を理解していない。わたしたち日本人が翻訳したこの本を中国へ送って教えてあげたい。これまで日本は中国の漢方から多くのことを学んだが、これからは日本が医学について中国の人に教える時代が来たのだ」
4人の名前の上にある「日本」という言葉を見ると、真の医学を自分たちの国から広めたい!という玄白たちの気持ちが伝わってきます。

玄白はこの『解体新書』を確実に広めるために『解体約図』という予告パンフレットを作っています。これは3枚の図を重ねて光に通すと骨・神経・内臓が重なって人体図になるという工夫されたものでした。

解体約図1
解体約図2


 『解体新書』の出版によって日本の医学は大きく発展しました。また、当時の日本は鎖国をしていましたが、これによって日本人の中に「西洋から学ぶことは大事なことだ」と考える姿勢が生まれたと言えるでしょう。なお、この翻訳のときに玄白たちが作った「神経」「軟骨」「動脈」などの語は、現在も使われています。


授業後の感想文をいくつか紹介したい。

*杉田玄白たちが人体に関係する言葉を作ったことに驚きました。また、それが今でも使われていることにも驚き、興味がわきました。1年半もかけて1冊の本を作ったところに玄白たちの努力が伝わってきます。

*今日の勉強で昔の人の優しさや頭の良さがわかりました。中国に恩返しするという気持ちに感動しました。杉田玄白はとても友達思いな人だとわかったので楽しくなりました。

*予告パンフレットの話を聞いて、すごいと思いました。他の人があまりやらないことをする発想のある玄白はすごいです。もしこの人体解剖図の本を出版していなかったら、今の図はどうなっていたのだろうと気になりました。
スポンサーサイト



2015.09.21(Mon) | 江戸 | cm(11) |

この記事へのコメント
12. 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2019.02.06 20:38 | edit
13. 杉田玄白
杉田玄白
大黒柚姫 | 2019.02.06 20:42 | edit
14. 伊関彰
中村俊輔
成山裕治 | 2019.02.06 20:47 | edit
15. 大武理菜
石原裕次郎
南海バス | 2019.02.06 20:54 | edit
16. 鷲尾悦也
平手友梨奈
喜多見寛子 | 2019.02.06 20:54 | edit
17. 川原誠也
仲御徒町
宇垣美里 | 2019.02.06 21:02 | edit
18. ウィークエンドウェザー
スワローズキッズアカデミー
成山裕治 | 2019.02.06 21:09 | edit
19. 宮平彩美
中村俊輔
長沼賢海 | 2019.02.06 21:12 | edit
20. 小泉奈津美、山本真祐子
小泉なつみ、浦部春香
小泉なつみ、伊関彰 | 2019.02.06 21:20 | edit
21. 杉田玄白
杉田玄白
杉田玄白 | 2019.02.06 21:21 | edit
22. 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2021.01.30 23:49 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可